うっかり日焼けに、大事なのはアフターケア

Pocket

日焼けしないように気をつけてはいるものの、気がつけば紫外線を浴びてしまって、日焼けしてしまうことってありますよね。
そんなうっかり日焼けには、アフターケアが重要です。

そこで、簡単で効果的な日焼け後のアフターケアをご紹介します。

日焼け後の肌

日焼けした直後の肌は、軽い火傷と同じような状態です。
紫外線を浴びて2~6時間経過すると、皮膚が赤くなりヒリヒリとした痛みが現れます。
主に、色白の人や肌が弱い人に多く見られ、紫外線により細胞組織が損傷することによって細胞が傷つくことが原因でおこります。
肌が赤くなっている時は、肌の細胞が傷つけられて炎症を起こしている状態ですので、肌を沈静化することが大事です。
冷たく冷やしたタオルや保冷剤などを利用して、しっかり冷やしましょう。

また、日焼け後の肌は水分を奪われています。
ほてりがおさまったら、しっかりと水分補給をしましょう。
ローションをたっぷり手に取り、顔をやさしくなでるようになじませてください。
強くパッティングすると肌に刺激を与えてしまうので、やさしくなじませることをお忘れなく!
化粧水でたっぷり水分補給をしたあとは、乳液(クリーム)で肌を保護をします。

そして、特に乾燥がひどい時には、肌に優しい化粧水をたっぷり含ませたコットンでパックすることがオススメ。
乾燥しやすい目元や口元を中心に保湿をしっかりしましょう。

日焼け後は美白化粧品を使用する方も多いと思いますが、日焼け後のお肌は大変デリケートなため、美容成分が刺激になり炎症を引き起こす可能性があります。赤みやヒリヒリが落ち着いたら美白化粧品を使って、シミ対策をしましょう。
ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑える役割があるので、ビタミンC誘導体が配合されているスキンケアを使うのがオススメです。

また、お肌の新陳代謝を良くしてターンオーバーを早めるためにも、栄養のある食事をバランスよくとること。
日焼けしたお肌には、タンパク質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEが有効です。

また、一度日焼けした肌はとてもデリケートになっています。

シミやシワなどを作らない為にも、肌を直接日光に当てないようにすることが何より大切です。
外に出る時にはしっかりと紫外線ケアをして紫外線を浴びないように注意しましょう。

日焼けはできるだけしない方がいいのですが、もしうっかりしてしまった時には、しっかりとアフターケアをして健やかな肌でいましょうね!