冬の乾燥対策に!手軽にできる3つの加湿方法

Pocket

寒さが増してくると同時に、悩みの種になるのが空気の乾燥。
ただでさえ冷たく乾いた空気は、暖房によってさらに乾燥してしまい、肌も髪もカラカラに乾燥してしまいます。

室内で快適に過ごす為の湿度は、40〜60%程と言われています。
40%以下になると、肌に乾燥を感じるだけでなく風邪の原因にもなってしまいます。

そこで、乾燥の気になる季節にもカサつきに負けず潤ったお肌でいられるように、手軽にできる加湿方法についてまとめてみました。

1. 洗濯物を部屋干しする

冬って暖房をつけていると思いますが、暖房をつけるとどうしてもさらに空気が乾燥してしまいます。
そして、寒いからって暖房の温度を上げてしまうと暖房費も気になります。
人間が暖かいと快適に感じるためには、温度を上げるだけではなく、湿度のバランスが大事なんだそうです。
そこで、冬の暖房を最大限に活用して、洗濯物をカラリと乾かしながら、同時に部屋の加湿もしちゃいましょう。

洗濯物の部屋干しで、上手に湿度を保って乾かすには、ポイントがあります。
それは、一度に沢山干しすぎないこと。
沢山干してしまうと、一気に湿度が上がってしまい、多湿状態になってしまいます。
多湿になると、洗濯物の部屋干し臭が気になるようになったり、ひどい時にはカビの原因になってしまいます。
窓側の日の光が当たる場所で、湿度計で部屋の湿度を50〜60%くらいに保てるように確認しながら、適量を干すようにしましょう。

2. フローリングを水拭きする

濡れた雑巾でフローリングを水拭きすると、床に水分が残りますよね。
この床に残った水分が蒸発することで、加湿することができます。
ホコリも取れるし、ウイルス対策しても一石二鳥です。
ファブリーズのような除菌スプレーを家具にかけることでも、湿度を上げることができますよ。

3. 植物を置く

植物は天然の加湿器と呼ばれているってご存知ですか?
観葉植物などを部屋に置いておくと、根から水を吸って葉から蒸発させる植物の「蒸散作用」によって部屋の湿度を上げることができるんです。
水を吸い上げる力が強い植物や、葉の面積が大きい植物ほど水分が蒸発するので、オススメです。
より加湿効果を高めるためには、葉っぱを霧吹きで濡らしたりするのもオススメです。

植物の種類によっては、冬場は水をやらず乾燥させて越冬するタイプのものをありますので、冬の寒さに強いタイプの植物を選びましょう。

 

このように、加湿機がなくても湿度のコントロールは可能です。
湿度を保って、乾燥知らずで冬を越しましょうね!