夜の一手間で、朝の時間を短縮!【ヘアー編】

Pocket

女子の朝は本当に忙しいですよね。
早く起きたつもりなのに、朝の準備に時間がかかってしまい気がつけば電車の時間ギリギリで駅までダッシュってことも多いのではないのでしょうか。

本当に忙しい朝の時間。
準備が手早くキレイに仕上がったら、ゆっくりコーヒーを飲んだり余裕をもって朝の時間が過ごせますよね。

その為に必要なのが、夜の仕込みケア。
夜に一手間かけておくだけで、朝の準備がグッと楽になりますよ。

朝の時間を短縮する為の夜の仕込みケア【ヘアー編】

朝に時間がかかる準備の一つが、髪型のセットです。
特に、夜手抜きして髪をキレイに乾かさなかったりすると、朝髪の毛が爆発して、寝癖を直すだけでも結構な時間がかかってしまいます。

そこで、朝の時短の為に前日行いたい準備をご紹介します。

寝癖が付きやすい人は特に、夜はしっかりと髪を乾かしましょう。
髪を乾かさずに寝てしまうと、寝癖がつくだけでなく、髪の毛が痛む原因となります。
濡れた髪はキューティクルが開いた状態にあり、この状態の髪は外部からの刺激に弱く、乾いている状態の髪に比べると傷みやすくなっています。
その為、髪を乾かさないで眠ると枕に擦れたときの摩擦でも髪の毛が傷んでしまう可能性があるんです。
また、髪を乾かさないとキューティクルが剥がれてしまうことがあり、キューティクルが剥がれ髪内部の水分や栄養が抜け出てしまうと、髪にツヤがなくなってしまいます。

髪を美しく保つ為にも、髪はしっかりと乾かしましょう。

髪の乾かし方ですが、ドライヤーを当てる前にしっかりとタオルドライしましょう。
ドライヤーの当てすぎは髪が傷む原因となりますので、タオルでしっかりとドライしてドライヤーを当てる時間を短くしましょう。
そして、髪が8割くらい乾いたらそこからは冷風に切り替えて髪を整えます。
髪は熱を当てて冷える時に形状記憶をするので、冷風をしっかり当ててまっすぐな状態を髪に形状記憶させることで、朝も寝癖のないキレイな状態を保つことができます。

髪が乾いたら、前髪、毛先などをカーラーで巻いておきます。
カーラーは100均などでも売っているマジックカーラーがオススメ。
コテやアイロンよりも自然に仕上がり、マジックテープになっているのでカーラーを使い慣れていない方でも簡単に巻くことができて失敗知らずです。
長い髪の方だと、つけたまま寝てもそれほど邪魔にもなりません。

こうして、毛先や前髪に軽いカールがついていることで、朝のセットが本当に楽になります。

朝の時間短縮の為に、夜のヘアケア見直してみてくださいね。