目は口ほどに物を言う!5分でできる時短アイメイク

Pocket

忙しい朝、限られた時間でメイクをしないといけない時に重視すべきなのがアイメイク!
時間がない時のメイクのポイントは、「早く仕上げる」「メイクをちゃんとしていると思ってもらえる」というところ。
そのポイントを押さえて、アイメイクをしっかり行いましょう!

どうしたら限られた時間でノーメイクと思われないメイクができるの?

「目は口ほどに物を言う」と言いますよね。
第一印象で目に入るのは目元です。
だから、人にメイクをちゃんとしている感を与えるためには、目元をしっかりするのがオススメです。

まず、最低限必要なメイクって何でしょう?
顔色を良くする為、紫外線から肌を守る為、ベースメイクは必須です。
BBクリーム等の時短アイテムを上手に利用して、30秒〜1分で仕上げましょう。

また時間のない朝は、リップは色付きリップがオススメ。
女子中高生みたいですが、唇のケアをしながらメイクしている感じになれるので、1本持っておくと安心です。

これだけだとほぼスッピンで、中高生と変わらない感じですね。

そこに、時短アイメイクを追加していくことで、グッとメイクしている感を追加していきます。

時短アイメイク1 眉メイク

一見、急いでる時の眉メイクってアイブロウペンシルを使う方が良さそうですが、ペンシルだけで仕上げようと思うと意外と時間がかかってしまいます。
そこでオススメなのが、アイブロウパウダー。
数色が1パレットに入ったダイプだと、色を混ぜて自然な感じで仕上げることができるし、ささっと描けてふんわり眉毛になれ、失敗知らず。
また、眉マスカラをプラスすると、一気に垢抜け感が出るので眉マスカラをプラスするのがオススメです。

時短アイメイク2 アイシャドウ

目元のくすみなどをカバーする為、意外と省けないのがアイシャドウ。
腫れぼったい朝の目元も、ブラウン系のアイシャドウをプラスするだけで目元が引き締まってスッキリします。
時短のポイントとしては、ブラウン系のアイシャドウをざっくり手で塗ること。
ブラウンやベージュ系のグラデーションで数色入ったアイシャドウを2色程度軽く手にとってまぶたの下から上に向かってざっくり塗ってぼかしていきます。
また、涙袋の所にパレットの中で一番明るい色を塗ることで、目元が明るくなり一気に化粧をしている感じが出ます。

時短アイメイク3 アイライナー

アイラインを描くのって難しいですよね。
不器用なのに、慌てていると余計に綺麗に書けないで焦ってしまいます。
そこで、オススメなのが目尻にだけアイラインを引くこと。
不器用でも目尻だと描きやすいし、目尻にアイラインがあることで目元がぱっちり見えます。
黒目の外側の1cm程度を引いていきましょう。

時短アイメイク4 マスカラ

時短のためにはマツエクなどがオススメなのですが、マツエクをしてない方はホットビューラーがオススメ。
ホットビューラーを持ってない方は、ビューラーをドライヤーで温めてから使うことでしっかりまつ毛にカールがつきます。
しっかりカールがついたまつ毛だったら、マスカラも軽く塗るだけで一気にメイクしている感が出るのでオススメです。
また、まつ毛にカールがついていることで、マスカラが下まぶたについたりという余計な手間が増えないのでオススメです。
時短の為にもマスカラは速乾のものを選びましょう。

しっかりやろうと思うとどうしても時間がかかってしまうアイメイク。
でもポイントを押さえて、失敗のない簡単な方法でやればかなり時短できますので、ぜひ試してみてくださいね!