秋の肌のお手入れ

Pocket

紫外線やエアコンなど夏の終わりの肌は想像以上のダメージを受けています。
秋のお手入れ次第で、冬に向けての美肌力に影響が出てきますので、秋はしっかりとお手入れをしましょう!

秋の肌

秋のお肌は、夏に受け続けた紫外線の影響で、乾燥しやすくトラブルが出やすくなっています。
まず、夏に受けた紫外線で、肌を守るべくお肌の角質は暑くなっていて、ごわごわの状態になっています。
角質ケアをして、メラニンの排出を促し、お肌のターンオーバーを促進させましょう。
また、乾燥しやすくなっている秋の肌には保湿が重要です。
しっかりと水分補給し、スキンケアをして、潤いのある肌を目指しましょう。

また、夏は紫外線をたくさん浴びていますので、メラニンの生成量が多くなっています。
メラニンの排出がうまくいかないと、色素沈着しシミとなってしまいますので、注意が必要です。

どうすればいいの?

秋の肌は、早めにお手入れを開始すればするほどトラブルが発生する確率が少なくなります。
秋の肌に必要なのは
1 保湿
2 栄養を摂る
ということです。

秋の肌にオススメの保湿はローションパック。
ローションパックとは、コットンに化粧水を染み込ませてお肌をパックする方法です。
化粧水を普通に使うよりも、お肌と化粧水が密着し、より浸透させやすくなります。

浸透することで化粧水がお肌の角質層まで届き、化粧水に配合されている美容生分がしっかり効果を発揮してくれます。

だからこそ、ローションパックで使う化粧水は厳選し、保湿力が高い商品を自分の肌に合った商品を使いましょう。
ローションパックをすることで、お肌に水分を与え、お肌の水分を保持する効果を高めます。

ローションパックのやり方

1広げたコットンに化粧水をたっぷりしみこませます。
しっかりコットンに染み込むまで、10滴以上染み込ませましょう。

2 化粧水をしみこませたコットンを均等な厚さになるように咲いて、おでこ・頬・鼻・顎などに貼ります。

3 コットンを貼り付けた箇所にラップをします。

4 5分程度経過したら、コットンを剥がします。
長時間のパックは逆に乾燥の原因になりますのでやめましょう。

5 美容液、クリームなどその後のスキンケアを行います。
せっかくお肌の保水力が上がっていますので、美容液などその後のスキンケアアイテムをしっかりお肌の奥に浸透させましょう。また、化粧水を塗ってそのままの状態だと水分は蒸発してきますので、乳液やクリームで最後に表皮に皮膜を作ることが重要です。

秋の肌は疲れているので、刺激の強い成分が配合された化粧水はローションパックで浸透することで逆にトラブルになりかねません。
刺激の少ない、自分の肌に合った化粧水を選びましょうね。