脱老け顔!リフトアップメイクでマイナス5歳顔へ

年齢を重ねると、下がったまぶた、たるんだフェイスラインなど下向きサインに悩む女性が増えてきますよね。
目が小さく見えたり、なんとなくぼんやりした印象になりがちで、鏡を見る度に悲しくなっちゃいます。

その悩み、若い頃と同じメイクを続けていることが原因の一つって知っていましたか?

つまり、メイクを変えれば、あなたのエイジングの悩みが解消できることがあるんです。

そこでここでは、マイナス5歳顔を目指すリフトアップメイクについてご紹介していきます。

リフトアップメイクの方法

ポイント1 マスカラ

昔はつり目だったのに、年をとったら垂れ目になってきたわ〜って方多いですよね。
年齢を重ねると目元のたるみによって、まぶたも下がって、垂れ目がちになり、また目も小さく見えがちです。
そんな重たい目元には、マスカラが必須。
まつ毛を根元からぐっと引き上げて、長時間キープをしましょう。

ポイントはビューラーとホットビューラーの2つ使い。
まつ毛をダブルでぐっと引き上げることで、根元からまつ毛がくるっと立ち上がって、目もとがぱっちりになれます。

そして、マスカラも根元から毛先に向かってしっかりと、丁寧に塗っていきましょう。
まぶたが下がっていると、どうしても下まぶたにマスカラが滲んでつきやすくなってしまいます。
マスカラは、皮脂に滲みにくいフイルムタイプのマスカラがオススメです。
しっかりビューラーで立ち上げた後に使うことで、マスカラの滲みも少なくなりますよ。

ポイント2 チーク

ぼんやりしたフェイスラインを上向きにするためには、チークの位置が重要です。
顔の重心を少し上に持ってくるため、チークは頬骨の少し上に入れるようにしましょう。
また、チークを入れるときは、ブラシ使いがオススメ。
下から斜め上に向かって、さっとブラシで入れるとナチュラルに引きあがって見えますよ。

ポイント3 ハイライト

チークを入れたら、メイク終了って方も多いと思いますが、リフトアップメイクのためにはハイライトをプラスしていきましょう。
チークを入れた上の部分から目尻に向かって、ハイライトを入れたら光の力で顔にメリハリが出てぐっと若々しい印象に仕上がります。

いつものメイクにこの3つのポイントをプラスすることで、ぼんやりした印象がはっきりとした印象になって、ぐっと若々しくなることができますよ。
簡単なので、ぜひいつものメイクに取り入れて、マイナス5歳を目指しましょうね!