秋の肌のお手入れ

紫外線やエアコンなど夏の終わりの肌は想像以上のダメージを受けています。
秋のお手入れ次第で、冬に向けての美肌力に影響が出てきますので、秋はしっかりとお手入れをしましょう!

秋の肌

秋のお肌は、夏に受け続けた紫外線の影響で、乾燥しやすくトラブルが出やすくなっています。
まず、夏に受けた紫外線で、肌を守るべくお肌の角質は暑くなっていて、ごわごわの状態になっています。
角質ケアをして、メラニンの排出を促し、お肌のターンオーバーを促進させましょう。
また、乾燥しやすくなっている秋の肌には保湿が重要です。
しっかりと水分補給し、スキンケアをして、潤いのある肌を目指しましょう。

また、夏は紫外線をたくさん浴びていますので、メラニンの生成量が多くなっています。
メラニンの排出がうまくいかないと、色素沈着しシミとなってしまいますので、注意が必要です。

どうすればいいの?

秋の肌は、早めにお手入れを開始すればするほどトラブルが発生する確率が少なくなります。
秋の肌に必要なのは
1 保湿
2 栄養を摂る
ということです。

秋の肌にオススメの保湿はローションパック。
ローションパックとは、コットンに化粧水を染み込ませてお肌をパックする方法です。
化粧水を普通に使うよりも、お肌と化粧水が密着し、より浸透させやすくなります。

浸透することで化粧水がお肌の角質層まで届き、化粧水に配合されている美容生分がしっかり効果を発揮してくれます。

だからこそ、ローションパックで使う化粧水は厳選し、保湿力が高い商品を自分の肌に合った商品を使いましょう。
ローションパックをすることで、お肌に水分を与え、お肌の水分を保持する効果を高めます。

ローションパックのやり方

1広げたコットンに化粧水をたっぷりしみこませます。
しっかりコットンに染み込むまで、10滴以上染み込ませましょう。

2 化粧水をしみこませたコットンを均等な厚さになるように咲いて、おでこ・頬・鼻・顎などに貼ります。

3 コットンを貼り付けた箇所にラップをします。

4 5分程度経過したら、コットンを剥がします。
長時間のパックは逆に乾燥の原因になりますのでやめましょう。

5 美容液、クリームなどその後のスキンケアを行います。
せっかくお肌の保水力が上がっていますので、美容液などその後のスキンケアアイテムをしっかりお肌の奥に浸透させましょう。また、化粧水を塗ってそのままの状態だと水分は蒸発してきますので、乳液やクリームで最後に表皮に皮膜を作ることが重要です。

秋の肌は疲れているので、刺激の強い成分が配合された化粧水はローションパックで浸透することで逆にトラブルになりかねません。
刺激の少ない、自分の肌に合った化粧水を選びましょうね。

夏に負けない!美肌を作る食事

強い紫外線にさらされ続ける夏の肌。
どんなに日傘や帽子、日焼け止め日に当たらないように気をつけていても、知らず知らずの内に、浴びてしまった紫外線は肌の奥底に蓄積されています。

外からのスキンケアや日焼け止めは当然ですが、夏の肌を美しく保つ為に必要な内側からキレイを作る食事での美肌対策についてご紹介します。

夏の肌は、紫外線やエアコンなどの原因により、思ったよりもずっと乾燥しています。
この時期に意識してとりたいのが、「抗酸化作用」を持つビタミン A、ビタミン C、ビタミン Eなどのビタミン類、リコピン、ポリフェノール類です。

特に、ビタミンCには抗酸化作用以外にもメラニンの生成を抑え、出来てしまったメラニンを還元する働きがありますので、特に意識してとることをオススメします。

その中でも特にオススメの食材は、夏野菜の代表トマト!
トマトに含まれるリコピンは強力な抗酸化効果があり、コラーゲンの生成を促す働きがあると言われています。
また、同じく夏野菜であるピーマンやパプリカには、ビタミンCやβカロチンが豊富に含まれていますのでオススメの食材です。

トマト・ピーマン・パプリカを使ったオススメレシピ

夏の食欲がない時期にも、積極的に夏野菜が取れるラタトゥイユはどうでしょう。
まとめて作っておけば、朝食のパンに添えて簡単にトマト・ピーマン・パプリカを摂ることができますよ。

夏野菜たっぷりラタトゥイユ

材料(4人分)
トマト4 個
なす2 個
ズッキーニ1 本
パプリカ1 個
ピーマン2 個
玉ねぎ1/2 個
にんにく1 片
オリーブオイル大さじ 3杯
白ワイン 大さじ3
塩、こしょう各少々

1 それぞれ野菜はヘタを除いて、大きめの一口大サイズに切ります。
トマトは湯むきして、皮をむいてざく切りにします。
ニンニクは縦半分に切って、芯を除きみじん切りにします。

2鍋にオリーブオイル入れにんにくを入れて弱火で香りを出していきます。
ニンニクが色づいたら玉ねぎを加え、塩を振り2〜3分炒めます。ナス、ズッキーニ、パプリカ、ピーマンを加え、塩小さじ1/4を降り、ふたをして弱火で混ぜながら15分程度煮込んでいきます。

3 トマトを加えて、さっと炒めます。

4 白ワインを入れ、1分ほど煮こみ、塩コショウで味を調えます。

暖かく食べても、冷たく冷やして冷製パスタのソースにするのもオススメですよ。

ビタミンA、C、E、リコピンなど抗酸化作用のある食材を積極的に取り入れて、夏に負けない健康的な肌を目指しましょうね!

 

まつ毛美容液で、エクステいらずのまつ毛へ


目元がパッチリと見える長いまつ毛は永遠の憧れ。
つけまつ毛やマツエクって便利だけど、自まつ毛が痛むんじゃないかと不安だったり、自まつ毛が短くてつけれないこともあるんですよね。

そんな方に朗報!
1日1回寝るだけで、エクステ並にボリュームが出て自まつ毛が健康になる、まつ毛美容液をご紹介します。

まつ毛美容液をエグータム

今、お店に行くといろんなまつ毛美容液が販売されています。
「どのまつ毛美容液が効果があるのか?」とか「目元に使うものだから目に入ったり悪くないのか不安」と悩んでいる方も多いんじゃないかと思いますが、どうせ使うなら安全で効果が高いものを使いたいですよね。

これまで幾つか使ってみてオススメなのが、まつ毛がビュンビュン伸びると噂のまつ毛美容液『エグータム』。
とても効果が高く、まつ毛美容液をエグータムに変えたら「まつ毛が伸びてマツエクいらずになった!」とか「マツエクの持ちがかなり良くなった」って口コミが殺到している商品です。

エグータムはアイライナーのような形をしているので、慣れない方でもとても塗りやすい形状になっています。
これまで使ったものはマスカラ状のものが多かったのでちょっと不思議な感じですが、まつ毛が根元から生えることを考えると、根元にアイライナーのように塗る形状に納得です。

洗顔後、スキンケアをしっかり行った後に、エグータムをつけていきます。
上下のまつ毛の生え際にうすーくアイライナーを引くようなイメージで塗っていきます。
あくまでも、まつ毛の生え際につけるものなので、まつ毛全体につけないでくださいね。

また、量が多いとまつ毛の根元につけた時に目に入ってしまいます。
実は、このエグータム緑内障の点眼薬から作られたそうで、効果抜群な変わりに、目に入ると、赤くなったり痒くなったりと目のトラブルの原因になってしまうことがあるそうです。
なので、目に入らないようにごくうすーくつけることを意識してください。

説明書にも、注意書きとして効果が強いからつけすぎないでくださいと記載されています。
それだけ、効果が期待できる商品ということですが、使い方だけは注意しましょう。

夜の洗顔後に1回毎日塗り続けること1ヶ月、効果が目に見えてわかるくらいまつ毛の濃さや長さが変わってきます。
明らかにまつ毛にハリが出てきているので、このまま使い続けるとマツエクいらずのまつ毛になれるのでは?と思います。

しっかりまつ育して、魅力的な目元を作りましょうね!

使えば使うほど髪が美しくなるドライヤー「ヘアビューザー」

今話題のドライヤー「リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル」価格35,640円とても高価なドライヤーです。

使えば使うほど髪が美しくなり、頭皮に良い影響がある魔法のドライヤーと呼ばれている「ヘアビューザー」。
なんと美顔器としても使えるんです。
そこで、ドライヤーの風をあてるだけで髪から顔までキレイになれるオススメの使い方をご紹介します。

ヘアビューザーとは?

ヘアビューザーは、髪に長時間風を当てても、乾燥せず、パサ付かず、しっとりと毛先が重く落ち着いた仕上りに導くドライヤーです。
髪質をプログレスするセラミックスを内臓装着し、風を当てるだけで艶が出ます。
毛先にブラシを巻き風を当てると美しくカールし、朝の髪のセットを簡単に済ませることができる時短アイテムでもあります。

オススメの使い方

年齡を重ねると、髪にこれまでなかったようなクセが出てきたり、これまでのヘアカラーなどの積み重ねで髪がパサパサになってしまいますよね。
そんな髪質にこそ、ヘアビューザーがオススメ。
ヘアビューザーで乾かすだけで、つやつやの髪になれます。

1 髪を洗った後に、タオルで優しく髪を押さえて水分を取ります。

2 高温風で全体を乾かしていきます。
外からだけでなく、内側からも風を送り込んで乾かしていきます。生乾きだと朝髪に癖が出てしまい、セットが大変になりますので、しっかりと乾かしましょうね。

3 冷風でブローします。
全体が乾いたら、最後に頭皮と髪を冷風で引き締めていきます。
この一手間でびっくりするくらいのツヤが出ますよ。
即冷スイッチを使いながら、髪と地肌に温風と冷風を一分ごとに切り替えて当てていきます。

ヘアビューザーは髪だけでなく地肌にも当てることで、地肌から健やかな髪を作り出すことができます。
また、顔とつながっている頭皮が引き締まることで、顔のリフトアップにもつながりますので、地肌にもしっかりと風を当てましょう。

さらに、ベアビューザーは美顔器としての効果もあります。
冷風を3分ほど下から上に向かって当てることで、むくみが取れてフェイスラインがすっきり。
なんでも、細胞を30%活性化させるドライヤーなので、血行が良くなる効果があるそうです。
美顔器ってこれまでにも使っていましたが、どうしても面倒で途中から使わなくなってしまいます。
でも、これなら髪を乾かしてついでに冷風を顔に当てることで美顔器としても気軽に使うことができます。

魔法のドライヤーで、髪も肌もキレイになりましょうね!

うっかり日焼けに、大事なのはアフターケア

日焼けしないように気をつけてはいるものの、気がつけば紫外線を浴びてしまって、日焼けしてしまうことってありますよね。
そんなうっかり日焼けには、アフターケアが重要です。

そこで、簡単で効果的な日焼け後のアフターケアをご紹介します。

日焼け後の肌

日焼けした直後の肌は、軽い火傷と同じような状態です。
紫外線を浴びて2~6時間経過すると、皮膚が赤くなりヒリヒリとした痛みが現れます。
主に、色白の人や肌が弱い人に多く見られ、紫外線により細胞組織が損傷することによって細胞が傷つくことが原因でおこります。
肌が赤くなっている時は、肌の細胞が傷つけられて炎症を起こしている状態ですので、肌を沈静化することが大事です。
冷たく冷やしたタオルや保冷剤などを利用して、しっかり冷やしましょう。

また、日焼け後の肌は水分を奪われています。
ほてりがおさまったら、しっかりと水分補給をしましょう。
ローションをたっぷり手に取り、顔をやさしくなでるようになじませてください。
強くパッティングすると肌に刺激を与えてしまうので、やさしくなじませることをお忘れなく!
化粧水でたっぷり水分補給をしたあとは、乳液(クリーム)で肌を保護をします。

そして、特に乾燥がひどい時には、肌に優しい化粧水をたっぷり含ませたコットンでパックすることがオススメ。
乾燥しやすい目元や口元を中心に保湿をしっかりしましょう。

日焼け後は美白化粧品を使用する方も多いと思いますが、日焼け後のお肌は大変デリケートなため、美容成分が刺激になり炎症を引き起こす可能性があります。赤みやヒリヒリが落ち着いたら美白化粧品を使って、シミ対策をしましょう。
ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑える役割があるので、ビタミンC誘導体が配合されているスキンケアを使うのがオススメです。

また、お肌の新陳代謝を良くしてターンオーバーを早めるためにも、栄養のある食事をバランスよくとること。
日焼けしたお肌には、タンパク質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEが有効です。

また、一度日焼けした肌はとてもデリケートになっています。

シミやシワなどを作らない為にも、肌を直接日光に当てないようにすることが何より大切です。
外に出る時にはしっかりと紫外線ケアをして紫外線を浴びないように注意しましょう。

日焼けはできるだけしない方がいいのですが、もしうっかりしてしまった時には、しっかりとアフターケアをして健やかな肌でいましょうね!

時短スキンケアはオールインワンゲルがオススメ

忙しすぎて、スキンケアが疎かになっていませんか?
美肌の為に必要なのが、とにもかくにも「保湿」!!

時間がなくて顔を洗った後何もつけないでいると、肌は水分が蒸発して乾燥してしまい、皮脂過剰になりインナードライ肌になってしまう原因にも・・・。

でも化粧水→美容液→保湿クリームと3ステップのスキンケアって、化粧水を塗っては浸透させ、美容液を塗って浸透させ、クリームを塗って・・・とかなり時間がかかってしまいます。
そこで、オススメなのが化粧水・美容液・保湿クリーム・乳液が一つになったオールインワンゲル。
その中でも、すっかりお気に入りで定期購入を申し込んでしまった「馬プラセンタ」配合の
「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」をご紹介します。

「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」は国産馬3成分をメインに天然ジュレを使用したプラセンタオールインワジュレ。
世界で注目されているEGF・FGFを始めとするグロスファクターを含むプラセンタが配合されており、抜群の水分浸透力と水分保持力なんです。
さらにそれらの成分を支えるヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドを配合し、保湿・美肌・みずみずしさ、透明感を与えてくれます。

使い方は簡単。
洗顔後に手のひらに1〜2プッシュを取り、手のひらで顔全体に包み込むように伸ばすだけ。
これまで使ったオールインワンゲルは固いテクスチャーのものが多く、ちょっと重たいかなと思うものが多かったのですが、この商品はまったく使用感が違います。
みずみずしいテクスチャーで伸びがよく、潤いが顔全体に広がっていくのがわかります。
そして、気になる目元や口元にとてもよく浸透していき、ハリや弾力が感じられるようになります。

1本でしかもみずみずしいので、乾燥が心配でしたが、朝1プッシュをつけただけで夕方までしっとりしています。
少し高いかなと思ったのですが、化粧水・美容液・保湿クリームが1本で済むと思うとコスパもいいですよね。

敏感肌でもピリピリしたりすることもなく、敏感な時期にも安心して使用することができて嬉しいです。

オールインワンゲルって、1本でOKという商品なんですけど、意外に化粧水+オールインワンやオールインワン+クリームなど組み合わせて使っている方も多いそうで、私も以前は化粧水+オールインワンっていう組み合わせで使ってました。
やっぱり1つだと乾燥するんじゃないかなぁと心配で・・・。

でも、この「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」を使い始めてからは化粧水を重ねづけしないでも、乾燥の心配がなくなりました!

これまでオールインワンゲルで乾燥が気になった人にはとってもお勧めの商品ですよ。

正しいシャンプーのススメ

時間がないからって、適当にシャンプーを付けて、適当に洗っていませんか?
とにかく汚れを洗い流せればそれでいいと思いがちですが、頭皮の老化は、肌の老化。

ヘアケアは肌の為にも大事なケア。

正しいシャンプーで髪も肌もキレイになりましょう!

 

正しいシャンプーの方法

正しいシャンプーのコツは幾つかあります。
まず一つ目は髪ではなく頭皮をしっかりと洗うということ。
そして、頭皮は顔の皮膚とつながった皮膚なので、ゴシゴシこすって傷付けないことです。

頭皮がたるむと当然頭皮と繋がっているお顔の皮膚もたるみます。
頭皮の1ミリのたるみが顔の1センチのたるみに繋がるとも言われているんです。
シャンプーをする時には、しっかり頭皮マッサージをして、血行を促してください。
血行を促進することで、美しい髪が成長する土台ができ、抜け毛の防止にもつながります。
この時ポイントとしては、下から上に向かって引き上げるように揉み動かしてください。
下から上に向かってマッサージすることで、肌もリフトアップしてくれますよ。

次に使うシャンプーの量です。
髪が長いと何プッシュも使ってしまいそうですが、ロングでも2プッシュで十分です。
2プッシュだと泡がが立たないという方。
しっかり予洗いをしていないんじゃないですか?

シャンプーは予洗いが命。
予洗いで、汚れの80%は落ちるんです。
そして、予洗いをすることで、シャンプーを使った時にしっかりと泡立てることができます。

その時にポイントとしては、指の腹を使って頭皮をしっかり揉み込むようにマッサージすること。
時間にすると、2分間くらいはしっかりと洗ってくださいね。

この予洗いにより、ロングの方でも2プッシュでもしっかりと泡立ち髪全体を洗うことができます。

シャンプーを手に取って、まずはしっかりと泡立て、頭頂部、両サイド、後頭部に乗せ、空気を含ませるようにしっかりと泡立ててください。
しっかりと泡ができたら、頭皮と髪を本格的に洗っていきます。

指の腹を使って髪全体をしっかりと洗い、その後38度〜40度のお湯でしっかりと洗い流します。
シャンプー剤が残っているとツヤが奪われ頭皮の乾燥に繋がっていきますので、すすぎ残しがないように念入りに洗いましょう。

正しいシャンプーを行うと、頭皮や髪はどんどん健康になっていき、その結果頭皮とつながったお顔もリストアップなど美肌にも繋がっていきます。

早速今日から正しいシャンプーをして、引き締まったフェイスラインを目指しましょうね!

アラフォーのマツエクはイタい?

時短美容の救世主「マツエク」(まつ毛エクステンション)。
マツエクをしてるだけで目元はぱっちりで、メイクの手間を大幅に省くことができます。
スッピンでも出かけられるし、一度付けるともう手放せないですよね。

マツエクって若い子が付ける印象が強く、アラフォー世代にはちょっと気恥ずかしい感じもします。
確かに40代を超えて、目元ふさふさでやたらと目立ちすぎてしまうと若作りに見えがち。

では、大人女子にもオススメのいたくならないマツエクデザインをご紹介します。

アラフォー大人女子におすすめのマツエクデザイン

目元のたるみなどが気になるようになるアラフォー世代はアイメイクがやりづらくなってくる世代ですよね。
目元のメイクが上手くいかなくなってきたら、マツエクをつけてみるといいかもしれません。

アラフォー世代には、あまりに本数が多く、太く、カースしすぎのデザインは目元を強調しすぎて、若作りっぽく見えてしまします。
大人女子が可愛らしく、ナチュラルに見えるのにおオススメなのはJカールです。

特にオフィスでは、派手すぎると浮いてしまいます。
知的な印象を与えるためにも、弱めのJカールで長さのしっかりあるデザインがオススメです。目の中心に長さを持ってくるよりも、目尻にかけて長さを出すデザインだとより涼しげで知的な印象を与えることができあます。

また、本数を多くつけすぎるとイタイ感じになってしまうので、80〜120本くらいまでの本数でつけるとナチュラルな仕上がりになりますよ。

マツエクしてるのが絶対にばれたくない!っていう方は特に、本数を少なめ・長さを抑え目・若干カールをつけたデザインにして、若干真ん中にボリュームを持ってくると、眼の中心の部分の立ち上がりが強調できて、ビューラーとマスカラをつけているような自然ま感じに仕上がります。

年齢を重ねると、たるみやほうれい線、シワなどいろいろな悩みが増えていきますが、時短しながらよりキレイになれるマツエクを上手に利用して、理想の目元を手に入れたいですね。

アラフォー世代が初めてマツエクする時って、イタイ人になってないかなぁと周りの目が気になったりしがちですが、一度つけてみると本当に楽!
なのに自分でアイメイクするよりキレイに仕上がるので、一度試してみてくださいね!